2009年01月03日

空の境界 第一章 「俯瞰風景」

劇場版ってついていたってことは映画ってことですよね?
映画でこれは・・・わけわかんない(笑
理解力以前だと思われ。
第一章だから、第二章があるのだろうけど、
新しいファン層を集めようというのであれば、間違いなく失敗作だと思う。
同人とか、営利目的ではないのであれば、まあ思うだけで終わりなのだけれど、
映画にもなってこれではちょっとお粗末ではないでしょうか。

月姫もやってるし、空の境界の小説も読んでいるから
映像の意味にしろ、ストーリーにしろ、本当はわかるのだけれど。
それにしても不親切。
小説は読み返しができるし、自分のペースで読める。
しかし、映画は一方的に流れていくこともあり、正直わかりにくいと思う。
というか、小説でも、ここで1巻として切ったらもうどうしようもないと思うなぁ。
映画ってのは1本で終わらなくてどうする?
もちろん、またがった伏線があって、それがあとあと「あっ」と言わせるなら良い。
また、小説なら複数話まとまっているから、それらを1まとまりとみなして作っていく話も多い。
それをそのままぶつ切りにして、映画にしてどうすんのよ。
私のように他の世界(ゲームね)に触れ、原作者の魅力に魅せられている人でなければ、
第一章だけ見た人は、きっと金を出してまで次の章を見たいとは思わないのではないかな?

基本的にこの手の人気というか、定期購読者ってのは、最初だけ高く、最後がちょこっと上がるパターンが多い。
小説をどこまで読んでやめてしまうかってのをグラフにしても、同じ形になるはず。
つまい、より多くのファンを獲得するためには、はじめが肝心なのである。
冒頭に死体をころがせ。
ストーリーを語る上での鉄則である。
まあ、物語のはじめに、人の興味を引き付けるものを持ってこいという話ですな。
もちろん、絶対に守るべきお約束というべきことではない。
違うパターンで面白い小説も山ほどある。
空の境界も正直、一読目のはじめのほうは面白くない。
はじめの伏線があとからじわじわくるタイプだ。
つまらないから、そこで読み終えては面白さがわからない物語である。
別のストーリーが始まりつつ、つながっている世界。
それなのに、ぶった切って、そのまま映像化してどうする?
と、自分は思うわけで。

小説そのままを映画化は難しい、なんて言われる小説は多いのだけれど、
ついでに映画やテレビをノベライズしたものでつまらないものって多いけれど、
物語の進み方や時間、終りの見え方(小説ならページ、映像なら時間でそろそろ終わりかなとわかる)だって違う。
映像は寝ていようが話が進むのに対し、小説は読まなければ終わらない。
前者は受動的と言われ、後者は受動的といわれるけど、そういう点でも違うわけで。
映画と小説を同じ構造で作ってどうするの?
なんて思う。
テレビ版のアニメはそういうところ、上手ですな。



ちなみに、サイドストーリーなんかは前提があることが前提。
あれは、前提を知らない人が読んでもわからないのはしょうがない。
そういう意味では、ノベライズといわれる文庫も、元を知っていることを前提として書いているのかな?
ということは、この映画もでつか?(笑)
posted by w033 at 11:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 感想(本とか) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112076353

この記事へのトラックバック

◎劇場版空の境界第六話俯瞰風景II
Excerpt: |シキ:飛び降りは8人で終りだ|トウ:いつになったら帰ってくるんだろうなシキ:こいつはマテキだ、殺さなくっちゃな!φシキx8人→順調に倒していく飛んでいるのか、浮いているのか...
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2014-11-04 23:54