2007年05月31日

ubuntuでssh

sshはtelnetみたいなもんで、putty(http://yebisuya.dip.jp/Software/PuTTY/)やteraterm(sshが使えるのは、UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2:http://sourceforge.jp/projects/ttssh2/)のようなソフトから、別端末のシェル(DOSみたいなもの)をいじれるようにするソフト。
scp、sftp、その他ポートフォワードなんて機能があるので非常に便利だけれど、コマンドがわからないとなんにもできないので、そういう人はだまってGUIを使うか、VNCなんてソフトを使うとよいと思われ。
これを入れ終えると、もうキーボードもモニターも無用になる。
自称「よく知っている人」にsshはtelnetの親戚だなんていうと、まったく別物だと小一時間ほど説教される可能性があるので、ご注意。

(1)インストール

aptitude update
aptitude install ssh

(2)設定ファイル変更

/etc/samba/sshd_config のバックアップ

cp /etc/samba/sshd_config /etc/samba/sshd_config.orig

あとはエディタで開いて編集

vim /etc/samba/sshd_config

私の場合は変更はこんな感じです。

# rootのログインを許さない
PermitRootLogin no

# 空のパスワードは許さない
PermitEmptyPasswords no

# パスワード認証だけでログインを許す(キーファイルによる認証ってのがありますが面倒なので)
PasswordAuthentication yes

sftp(ftpsかも)をやりたいときは、こちらが便利かな。
人間から見れば、普通にFTP転送と変わりませんけど。

FileZillaの利用について
http://www.ex.media.osaka-cu.ac.jp/windows/filezilla.html
posted by w033 at 21:18| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ubuntu9.04をWindowsVistaからSSHで操作する方法
Excerpt: ネットワーク図 モデム(VH-100「4」E「S」)         ↓ ルーター(BRL-04CW-U  192.168.1.1)      ↓         ..
Weblog: パソコン手探り
Tracked: 2009-05-15 00:38