2011年09月22日

PS3のハードディスクを交換

≪注意≫ディスクを交換すると、メーカー保証外になります(きっと)
    やるなら自己責任で、どうぞ。

ちょっと調べれば出てくるのですが、PS3のハードディスク換装してみました。
もとは40GB、PS2のモジュールがなくなった最初のバージョンで、箱以外はすべてついて、中古の14,000円弱でした。
こいつを500GBのハードディスクに交換します。
これが安いと5,000円くらい。
ノートパソコンとかで使われる2.5インチ、9.5mmの厚さ(12.5mmの規格があるのでお店の人に確認してから買ったほうが吉)
5000回転(rpm:1分間のディスク回転数)と7000回転のハードディスクがありますが、長短あります。
5000回転は熱量が低いです。
比較的涼しいのです。
7000回転は一般に読み書きが速くなります。
キャッシュサイズが同じサイズだとあんまり変わりませんが、ディスクアクセスが大きいと地味に効きます。
ディスクサイズも、1TBまでありますが、1TBは12.5mmしか見つけられませんでした。
あと、最近はビックセクタ(セクターが4KBのもの)がありますが使えるのかな? ちゃんと調べていません。
私は中古の古いのを買いました。
あんまり安くないけど、怖いので。

さて、長い前置きになりましたが、必要なものと手順。
【必要なもの】
・プラスドライバー(普通サイズというか、テレビとかに使っていそうなサイズのねじ)
・2.5インチ 9.5mm ハードディスク
・USBメモリ(256MB以上かな?)
・そして、サポートが切れる覚悟。まあ、動かなかったら、前のディスクに戻せばいいだけですが。

【手順】
(1)セーブデータのバックアップ
  コントローラーの口にでも、USBを差して、普通にPS3を起動して、セーブデータを保存します。
  パソコンで、FAT32でフォーマットしていれば、差しておけば普通に認識されます。
  また、必須ではないのですが、パソコンでファームウェア(アップデータ)をUSBメモリに保存します。
  パソコン経由でのアップデートをみればわかりますが「/PS3/UPDATE」に置きます。
  http://www.jp.playstation.com/ps3/update/#pcud
  そうそう、現在ログインしているユーザと、登録しているメールアドレスはあらかじめメモしておいたほうが良いですよ。
  忘れがちです。

(2)ディスクを交換(※特にフォーマットやら、パーティションやらはあらかじめやる必要はなし)
  電源を切って(スイッチがあるなら、電源スイッチもOff)、PS3を立てましょう。
  薄型は知りませんが、私と同じ型なら横にハードディスクの取り付け口があります。
  穴があるほうから、無いほうへと「くいっ」と動かしてやれば、手だけで外れます。
  20110922_01.jpg

  ディスクがネジで止まっていますので、はずします。
  ネジは1か所だけなので、変なところははずさないでしょう。
20110922_02.jpg

  ネジが止まっていたところが伸びるようになっています。
  軽く伸ばして引っ張ると、ディスクが抜けます。
20110922_03.jpg

  ディスクが抜けたら、ディスクと取り付け金具がネジで4か所止まっていますので、はずします。
  あとは、逆の手順で取り付けるだけ。
  コネクタも何にもなしなので、簡単です。
  ただし、金具を止めているネジの強度が弱く、ネジ山が舐めやすいです(古いから?)
  きちんと、押しながらまわしましょう。
20110922_04.jpg
  
(3)PS3を起動します。
  私の環境では、起動時に「ピッ」と音がするまで、電源ボタンを押したままにする必要がありました。
 ※以下は、たぶんフォーマットしていない人だけ。
  コントローラのPSボタンを押せと仰せのあと、ディスクが読み込めねーぞゴルァと怒られます。
  そこで、(1)でファームを保存したUSBを差してから「START+SELECT」を押します。
  あとは、フォーマットが始まります。
  途中で本当にフォーマットするなら「START+SELECT」を押すように言われますので押すだけです。
  PS3のUSB起動ってこうやるんだね。

(4)あとはバックアップしたデータを戻して、ゲームのインスコを再度やるだけです。
  キャッシュがでかいからか、スト4がなんとなく速くなった気がします。

続きを読む
posted by w033 at 23:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

小さくてもハイパワーって憧れる

魔女っ娘とかそういうじゃなくて、ノートパソコンの話なのですが。
最近はネットブックが流行し、流行が終えそうになっていて、ずいぶんと安く小さなノートパソコンが手に入ります。
が、昔はたいそう高価だった。
その時のイメージが抜けないので、小さくてもハイパワーってノートパソコンに憧れるわけで。
でもまあ、ネットブックはいまいちハイパワーではないですな。
ノートパソコン自体、ハイパワーじゃないですけど。
同じ価格帯のデスクトップと比べると、1〜2ランク見劣りしますね。

ついでにいうと、ピーキーって言葉にも憧れる。
車にも使いますが、ある用途に特化した状態ですね。
パソコンではあまり使いませんが、それでもやっぱりゲームに特化させたパソコンなんてものがあるわけで。
ゲーム以外、ネットワークカードの○枚差しとかしか、思いつかないですが。
昔なら、RASとか、DISKとかありましたけど。

閑話休題。
ノートパソコンって使いにくいなぁって最近よく思う。
家のPCは17インチの巨大PCなんで、まだ使い勝手は悪くない。
持ち運べない以外は、キーボードも熱くならないし、FULL HDも表示できるし。
CPU/GPUもまがいなりにもCore i7/GTS 250Mが入っているので、そこそこ快適。
これが仕事環境だと劣悪。
エディタの描画で遅いってなに?! ノートじゃないのに最大解像度が1280x728って?! って感じなわけで。
会社にパソコンを持って行きたくなる。
実際には、大きくて持っていけないのだけれど。

...で、なんの話を書こうとして、こんな話題だしたのか忘れた。
posted by w033 at 19:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

SONY NW-X1060買ってみた

しばらく携帯のMP3プレーヤーで我慢していましたが
あんまりひどいので、MP3プレーヤーを購入してみた。

SONY NW-X1060
http://kakaku.com/item/K0000030139/

一応、ソニーの携帯プレーヤーでフラグシップモデルらしいので、
ちょいと期待してみたり。
でも、ちょいと高い。
ソニーの最新モデルの847の64GBと同じ値段。
まだ高いのはワンセグのせいですかね?

さて、さっそく使ってみた。
一番驚いたのはノイズキャンセル機能。
昔のなんか効いている? と首をかしげたくなる程度のものしか
知らなかったので、こんなに効くものとは思わなかった。
朝の通勤で、まったく電車の音が気にならない。
駅に着くまで、うちのまわりは電車の音がすごいのだけれど、
それもさっぱり気にならない。
ソニーのノイズキャンセルはすごいねえ。
ちょっとこもって聞こえるけど、これはしょうがないですかね。

とりあえず、ipodとはだいぶ違うますよ。
ま、機能を音楽に絞っているぶん、そこでまけたらしょうがないか。
あと、ソニー機が久しぶりなのだけれど、ディレクトにファイルを
ドラックアンドドロップするだけなのは、Good。
転送速度は遅いけど、USBはずした後のインデックスの再構築はかなり早い。
どうせならフォルダ名で検索できればいいのにと思う。
ちと残念。
いまどき、フォルダ管理のMP3プレーヤーなんてないよね。。。
posted by w033 at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

Bluetoothでボイスチャット!

ボイスチャットというか無料通話をするため、
PTM-BEM3Sというコードレスハンズフリーヘッドセットを購入しました。
カナル型の耳穴で固定されるタイプ。
Bluetoothが使えるため、パソコン、PS3、iphoneからでも使えます。
ヨドバシで2980円。
http://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0162/id=8285/

買ってすぐに、パソコンから認識させて Skype! に接続!
とか思ったのだけれど、これがどうもうまくいかない。
Skype!(メッセンジャーでも同じ)の設定から、オーディオデバイスを選ぶのだけれど、
ここにBluetooth機器が出てきてくれない。
コントロールパネル⇒サウンド、音声、およびオーディオデバイス⇒サウンドとオーディオデバイス
⇒音声、で再生デバイスを見ても、出てこないので当たり前といえばその通り。
しばらくこれで悩んだ・・・

PTM-BEM3Sの説明書には、携帯電話の設定方法の説明がいくらかあっても、
パソコンでの説明は皆無 orz.

WindowsXPだと マイBluetooth ってのがスタートメニューにいるので、
Bluetoothから検索して、ウィザードに従って行けばいいのだけれど
これが非常に不親切よくよく読まないと間違ったものを選びそう。

う〜んと、細かい文言は忘れたのだけれど、ポイントは3つ。
1.検索が終わって、なんとかコードを聞かれたら、PTM-BEM3Sの場合は「1234」を入力しましょう。
 説明書の文言と違っていて、入れたほうがよいのか悪いのかわからんかったw
2.機器の検索が終わって、設定を聞いてくるのだけど、途中3つの選択が出てくるけど、最後に「(画面あり)」となっているものを選びましょう。
 途中までの文言は、間違いなくこれを選びそうなのだけれど、文末に(画面あり)と付いているからと違うものは選ばないように。
 たぶん、他からアクセスできるようにする設定です。
3.Skype! とメッセンジャーのどっちを使うか聞かれたら、メッセンジャーを選んどけばよいみたい。

まずはこれがセットアップ編。
つうか、これらの情報が全くないBluetoothって。。。
いや、Windowsのせいなのか? Macでも同じかな。

セットアップが終わったら、再び「マイ Bluetooth」を開きます。
初期設定のままであれば、左側に Bluetoothタスク が表示されているはず。
Bluetoothサービスの表示 を選んでサービスを表示しましょう。
「オーディオゲートウェイ」「ヘッドセット」のサービスが手動スタートアップになっていたら、
アイコンを右クリックして、プロパティーを表示します。
ウィンドーが表示されたら「自動的に起動」にチェックを付けてOKを選びます(両方やります)。
あとは、サービスを起動すればいいのですが、どれなのかよくわからん人はOSを再起動(お勧め)しましょう。

再起動したら、もう一度「マイ Bluetooth」を開きます。
長々ですが、次回からはここからです。
PTM-BEM3Sが未接続になっているはずですので、アイコンを右クリックして、「接続」を選びましょう。
PTM-BEM3Sなら、耳に向けるところの背にボタンがついているので、長押し。
初めから電源が入っているようなら、短押し?
この辺はランプと説明書を見ましょう。
認識が終わったら、Skype!を起動。
メニューの「発信」⇒「オーディオ設定」、または「ツール」⇒「設定」から「一般」⇒「オーディオ設定」で
マイク、スピーカー設定をBluetoothに選択すればOK。
メッセンジャーも似たような設定でした。

続きを読む
posted by w033 at 21:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

Zaurus(SL-C3200)でフリー辞書&システムソフト電子辞書を使う(1/3)

Zaurusでフリー辞書を使いたいってのが事の発端だったのですが、
システムソフト電子辞書も使えるようなのでそっちもついでに。
大辞スパはできないようです(泣
Zaurusで使用するソフトは「zten」というもの。
EPWINGという形式にすると、使えるらしい。
DDWinを知っているひとは、あれが圧縮ファイル形式を
読み込めるようにしたのがztenだと思えばまあOK。

関係ないですが、DDWinのXP対応版が2006.05にでています。
エラーがでなくなっていました。
便利なツールなのでうれしい。
これで圧縮形式に対応してくれれば・・・
http://homepage2.nifty.com/ddwin/

■Freeの辞書ファイルを探す
最近のネットではFreeの辞書ファイルは結構あるもので、
たくさん探したいひとは「フリー辞書」をキーワードに
根気よくググれば見つかるでしょう。
ロボワードなんかにいっぱいありました。
でも私の使いたい辞書はここにまとまっていました。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA037273/
私は独和、仏和、英和の辞書を入れましたので、
最低でもそいつらは普通に入るでしょう。
今現在、ファイルははじめからEPWING形式のようです。

■システムソフト電子辞書の辞書ファイルをEPWING化
※著作権があるので、辞書自体は買いましょう。
dessedというフリーソフトを使います。
配布サイトをよく読めばそのままなのですが・・・

dessed
http://hp.vector.co.jp/authors/VA021723/dessed/

ダウンロード項目から、Win32バイナリを落としてきます。
あとはインストール(WindowsはコンパイルはしなくてOK)して、
起動後にダイアログが出てくるので、システムソフト電子辞書
(私の場合はそのセット)の辞書ファイル(*.dic)と辞書名、
辞書の種類を適当に選んで実行すれば、honmonなんて変な
名前のファイルができあがります。

★DDWinで使う場合
WindwosでDDWinでつかうだけなら、これ以降は必要ありません。
ディスクの浅いところ(深いと検索が遅いので)に、適当にフォルダを
作って、あとはDDWinで(検索の深さを指定してから)辞書の検索を
すれば、辞書が見つかると思います。
あとは思う存分使ってください。

posted by w033 at 15:24| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Zaurus(SL-C3200)でフリー辞書&システムソフト電子辞書を使う(2/3)

■EPWING形式を圧縮
できあがったファイルをすべて合わせると、1GB超になってしまったので
辞書ファイルを小さくしてからZaurusに入れます。
※辞書をZaurus標準で入っているマルチメディア辞書で
 使う予定の人は圧縮をすると認識されなくなります。
 圧縮しないで認識するかは試していませんが(苦笑)
今度はebzipを使います。
ダウンロードと詳細はこちらから。

EBライブラリ
http://www.sra.co.jp/people/m-kasahr/eb/index.html

ダウンロード項目の「バージョン x.x.x の Windows 用インストーラ」を
クリックして、インストーラをダウンロード。
当たり前の事ながら、x の部分のはそのときのバージョンを示す
数字が入っています。
デフォルトのインストール先だと、絶対スペースが入っているので
コマンドラインで指定する場合、 exe のパスにはダブルクォーテーションが必要。
EBライブラリをC:\Program Files\EB Libraryに
辞書ファイルをD:\dic\kokugoにいれた場合はこんな感じ。
(catalogってファイルがD:\dic\kokugoの直下にあります)
スタートメニューのアクセサリからコマンドプロンプトを起動(XPの場合)。
で以下のようにコマンドを実行。
(ebzipのオプションは適当に好きなスイッチを追加してください)
---------------------------------------------------------
d:
cd \dic\kokugo
"C:\Program Files\EB Library\bin\ebzip.exe" --level 5 .\
---------------------------------------------------------
上記コマンドの場合、D:\dic\kokugo\DATA\honmon.ebzとか
D:\dic\kokugo\gaiji\*.ebzというファイルができあがります。
gaijiのほうは無い場合もあります。
honmon.ebzの他に、元のファイル(honmon)が残っていたら
(Zaurusには)用済みなので削除します。

■Zaurusに辞書ファイルをインストール
辞書ファイルのインストール先はどこでもいいのです。
どこかのフォルダを決めましょう。
初心者にはSDカード(CFでも同じ)がお勧め(簡単なので)。
その場合は、カードリーダでWindwosにSDカードを読み込ませて、
FAT32かなにかでフォーマット(中身を消す場合のみ)しましょう。
FAT32ではなく、Sharp推奨の形式がありますが、
普通のWindowsで読めなくなるのはデメリットがあります。
Zaurusから使うには早いらしいですけど。
で、SDカードにdicなんてフォルダを作って、
そこに辞書データをつっこんでください。
注意点としては、複数の辞書がある場合、すべて同じフォルダ配下の
同じ(ような)回想に入れましょう。
kokugoとかeigoとか複数フォルダを作ってつっこみました。

linuxがわかっている人は /hdd3/dict2 が良いでしょう。
SDカードと同じように(フォーマットはしませんよ)
/hdd3/dict2/kokugoとか/hdd3/dict2/eigoって作れば問題なし。

■ztenとkakasiのインストール
ztenはEPWING形式を読み込む&検索・表示をする(Viewer)プログラム。
kakasiは漢字→かな(ローマ字)変換プログラムです。
きちんとわかる必要はありません。
どっちも必要ってだけです。

zten
http://wiki.gohome.org/zten/

ztenのページにどちらも置いてありますので、そこからダウンロード。
ipk形式のファイルなので、普通のアプリと同じ手順でインストールします。
ただし、ダウンロードページにも書いていますが、
kakasiのインストールを先に終了する必要があるみたいです。
私は念のため、kakasiインストール後に、インストールダイアログを
一度終了させた後に、ztenのインストールを行いました。
これまた書いていますが、kakasiのインストールは本体ディスクに
入れる必要があるみたいです。ztenも小さいプログラムなので、
よくわからない人は本体に入れてしまいましょう。

 

posted by w033 at 15:23| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Zaurus(SL-C3200)でフリー辞書&システムソフト電子辞書を使う(3/3)

■ztenに辞書を指定&マルチメディア辞書に辞書を指定
ztenの場合「/home/zaurus/dict」配下(直下?)、
マルチメディア辞書の場合「/hdd3/dict2」配下(直下?)の
辞書ファイルしか認識しません。
※二度目ですが、圧縮した場合はマルチメディア辞書は認識しません。
 無駄足を踏まないように(自分はやってしまったのだけど・・・ ^^;)
なので、SDカードや他の場所に入れた場合はシンボリックリンクを作ります。

Zaurusにターミナル(XPでいうところのコマンドプロンプトみたいの)を入れます。
(すでにインストール済みの場合や、別のターミナルを入れている人は不要)
付属のCDROMから以下のようなファイルを探します。
qpe-terminal-ja.ipk (ファイル名の途中にバージョンが入っているかも)
ipkなので、ztenなどと同じように普通にインストール。

あとはターミナルで、以下のコマンドを実行。
(辞書ファイルはSDカードのdic以下に入っているものとする。
 デフォルトだと、SDカードは「/mnt/card/」で認識されている)

・ztenの場合
ln -s /mnt/card/dic /home/zaurus/dict

・マルチメディア辞書の場合
ln -s /mnt/card/dic /hdd3/dict2

あとは、zten(マルチメディア辞書)を起動して、辞書の選択をすればOK。
マルチメディア辞書については、そうらしいというだけです。
無理だとおもったらやらないほうが安全だと思います。
フリーの辞書をマルチメディア辞書に認識させるだけでも
簡単にできればいいのにねぇ。
あとフリーの辞書に国語辞典があればいいなぁ。


参考サイト;
http://csx.jp/~zaurus/c3000.htm
http://memoire.sakura.ne.jp/pc/dictionary_pda.html
http://hp.vector.co.jp/authors/VA021723/dessed/#pkg
そのほかいろいろ。
多謝。

posted by w033 at 15:22| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

iPod 売っちゃった

リナザウを手に入れたので、iPod は用済み。
いまだに3万円弱で売れたので売っちゃいました。
リナザウはシグマリオンと違ってステレオだし。
HDDのサイズだけは魅力的だったのだけど。
他の機能はいまいちだったからなぁ。
あれあったら、ナノの方が魅力的だね。
値段的にも、振り回して使うときにも<精密機械を振り回すな

iPodで気にくわなかった点。

・たいして音が良くない(高いのに普通)
・起動時につなげておくと、Windowsがなかなか起動しない
・シャッフルの曲数が決められない
・使わない機能がごてごてつきすぎ。
・重い(60GBだからかも)
・iTuneの使い勝手が最悪(しかも標準ではインスコ必須)
・iTuneのMP3ヘッダが文字化けする(SJIS)
・iTuneのバージョンアップすると設定が吹っ飛ぶ

結論はiTuneが使えねえ。
むろん、私に合わないだけという見方もあるけれど。
使えるっていうひとはいるのかねぇ?
Windows対応を謳うなら、せめてSJIS対応は欲しかった。
ちょっと昔のMP3はほぼ全滅でした。
自動で全部に対して変換できねーし。

・・・KanaSDのほうが(私の)総合評価は上だったかも。

 

posted by w033 at 09:20| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Zaurus買っちゃった

PDAは何度買っても失敗する。
次に買っても間違い無く失敗することでしょう。
そもそもPDAなんか使う環境ではないからなんだけど。
通勤で一番時間がかかっているのは徒歩。
電車は15分くらいしか乗っていない。
出張はあるのだけれど、滅多なことでははっせいしない。
家でも会社でもLAN環境は完備。
なにに使うつもりなんだろう、自分。
現在のZaurusはUSB Habをさしてマウスにキーボード。
外付けのHDDに、CF(本当はUSBをつけたいのだけれど・・・)のLAN。
持ち歩く様子無し(苦笑
これじゃ、ARM系CPUが入っているだけの
普通のタブレット付きLinuxだよ・・・orz

ちなみに買ったのはSL-c3200。
OSがリナックスな、いわゆるリナザウってやつです。
Qteを含めたLinuxのプログラムはちょこっとおもしろいかな。

posted by w033 at 09:10| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

iPodのケースが発売!

もう、すでに傷だらけですが・・・
とっくに指紋だらけなんですが。
買ったときにでていないと、手遅れなんです (T-T)

こんなの
http://www.digitalcowboy.jp/products/pcnc/

 

posted by w033 at 18:41| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

iPodの曲を聴く以外の機能

どうも歌詞を出したり、テキストの表示もできるんですね、iPodって。
iTunesの使い勝手がなんか嫌で、気落ちしていましたが、
フリーやシェアなどのソフトで、なんとかできそうです。
このへんはもうちょっと探さないといけません。
ソフトアンテナにもいつの間にか、iPodの項目が・・・
まずはこの辺りから攻めていこうかと。
Pod野郎にいま、目をつけています。
さて、どうなることやら。

ソフトアンテナ - iPod
http://src.walker.jp/antenna/3.html#13

posted by w033 at 20:49| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPodで見られる動画を作る

ついに買ってしまいました。
iPod(movie type,60GB)、46800円の定価です。
保証の延長ができるので、Laoxで購入。
Appleは保証がないとこわいという話なので。

購入したiPodはMovieが見られるタイプです。
おもに、その機能の魅力に誘惑されて買いました。
iPodで再生できるMovieは「mpeg4」「H.264」という動画らしいです。
拡張子で言うと「mp4」or「mpeg4」「m4v」あたりのようです。
PSP(プレステのちっちゃいの)で見られるファイルと同じなのだとか。

ちなみに、説明書はまったく読まずに、ネットで探しました。
iPodはもうちょっとドキュメントに力をいれて欲しい。
携帯電話ほど分厚いものはいらないけど。

私の手元にあるファイルは「vob」「avi」だけです。
(もちろん、vob はDVDから吸い出した物ではありません。
 デジカメでとった映像をDVDにいれるときに、VOBにしただけです。
 ・・・そういうことにしておいてください)
買ったからにはすぐに試してみたい、それが人情。
というわけでvobやaviをmpeg4に変換(エンコード)しちゃいましょう。
と、思ったのですが、H.264のほうがCPUはくっても画質はいいみたいなので、
やっぱりH.264(m4v)にエンコしましょう。

調べていくと、出てくるのは市販のソフト。
ほかに引っかかっても、MAC用だったり。
ぬ、うまくいかん。
一度AVI形式にしてから、その後、m4v等に変換するソフトはいくつかあるのですが、
VOBから直接mpeg4、m4vというソフトがなかなかない。
どうせだから、vobを変換してその綺麗さを確かめて見たかったのですが。
それでもみつけたのは以下の2つ。

QTConverter
http://meetingpoint.jp/hoppysoft/

3GP_Converter
http://www.nurs.or.jp/~calcium/3gpp/

前者は多機能すぎて、私には使いこなせません。
設定の意味がわからない。
理解している人には細かいところまで設定できるすばらしいソフトなのでしょうけど、
お手軽を求めている私には向きません。
OSすら設定なんて滅多に変えませんし、WindowsXPの壁紙はデフォのままだし。

後者は「携帯向けに簡単に動画を変換してみよう」とのことですが、
設定箇所は一カ所だけ。
ちゃんとiPod用の設定が用意されていて、
デフォルト選択の設定が必要なければ、セットアップすらいらない。

   なんて、すばらしい!!

しかも、度ラックドロップで複数VOBを一括変換できます。
iPod設定にすると、iTunesに自動登録するところだけ気に入りませんが、楽と言えば楽です。

さて、変換してできあがったものは1GBのVOBファイルが70MB前後にまで小さくなりました。
(AVIの変換は小さすぎて、あまり変わりませんでした)
画像は・・・DivXと同じくらいでしょうか?
昔やっていた、VOBからAVIに、そしてMPEG1変換よりはずっと綺麗です。
iPodの画面が小さいこともあって、ものすごく綺麗に見えます。
う〜ん、すばらしい。

【注意】
QTConverterと3GP_Converterは説明を隅々まで読みましょう。
3GP_Converterだと、AviSynthとQuickTime7が別途インストールが必要です。
QTConverterも、別途ソフトが必要って書いてます。
読まずにやったら、アプリがこけました(苦笑)<あたりまえ

posted by w033 at 20:46| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVDをバックアップ

【注意】
通常、バックアップしたいのは、市販のDVDなのですが、
著作権の関係で、日本ではDVDのバックアップは許されていません。
(ネットで調べる限りはですが。どこまで本当かは自分で調べてください)
やるなら公海上とかアメリカあたりでやりましょう。
空港の滑走路とかも日本からすれば治外法権らしいですが、
間違いなくしかられたうえに莫大な額の賠償請求をされることでしょう。
また、相模原とか厚木などの米軍基地内はどうなのかさっぱりわかりませんが、
知り合いの話によると、進入して見つかると尻の穴まで調べられるそうです。
(爆弾をもっていることを懸念しているだけらしく、
 その兵士がそういう趣味だったかどうかは不明)
女性だと前の方も容赦なく調べられそうなのでご注意ください。
処女を捨てたいからといって進入するのもおすすめできません。

さて、PCのDVD-Rのドライブを買った人ならやってみたのではないかと思うのですが、
DVDを通常のDVDライタ(Writer)のバックアップ機能でバックアップしようとすると、
なんらかのファイルはバックアップできるのですが、DVDの再生ができません。
また、ビデオなんかをつないでダビングしようとすると、マクロビジョンといわれる
意地悪機能にじゃまされて、まともな状態ではダビングできません。
秋葉原に行くと、このマクロビジョンを解除する機械を売っていたりしますが、
安くない上に、だましもありますので、おすすめはしません。
ダビングではありませんが、mpegキャプチャ(というハード)やMovie Cappuccinoみたいな
ソフトがあれば、PCのディスプレイ上で表示しているものをキャプチャできますが、
音声は別途録音する必要がある上に、画質が落ちます。
根性がある人なら、安くなった8mmビデオでも買って、モニタの前に固定すれば
なんとかとれるかもしれませんが、キャプチャはそれよりもましという程度です。
残念。

DVDのデータは通常暗号化されておいてあります。
暗号化されているとはいえ、表示するときには暗号化を解除しなければなりません。
ですので、DVD再生ツールはそれを解除できることになります。
同じ手法をつかって、取り出せるツールがあります。
たとえば、DVD Decrypter というツール。
リンクはしませんが、ググればすぐに出てきます。
本家のサイトは公開停止になってしまっていますので、
日本語化サイト経由で取得するのをおすすめします。
※「日本語化 DVD Decrypter」などでググればでてくる
片面一層のDVD-R(4.5GBのメディア)に納めたい場合は DVDShrink でしょうか。
こちらも公開停止。
DVD Decrypterと同じ方法で取得できます。
商用DVD界の規制は厳しいようです。

他のものが探したいときは、リッピングをキーワードにすればごろごろ出てきます。
見つからないときは、vob(DVDをリッピングするとできあがる動画ファイルの拡張子)だの
エンコード(動画を別の形式に変換したり、圧縮サイズを再度変更します)とかを追加すれば
すこしは絞れるかも。
もっと小さいファイルに変換したい人はDivXとか
このへん(http://src.walker.jp/antenna/3.html#8)をキーワードに含めるといいかも。
あとは探すための情熱と根気!

 

posted by w033 at 20:43| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする