2012年03月25日

小説エディタとしての秀丸

 秀丸にいつの間にか知らない機能がたくさんついてる。
 プログラム用エディタとしては、変わらず、軽い・安定・便利な秀丸くんですが、最近マニュアルとか開いてみたら結構小説エディタっぽい機能がついてるし。昔はタグジャンプしかなかったのに。。。
 ただまあ、本当に小説エディタとして使うには、設定をいろいろする必要があって面倒です。
専用ではないので、その辺は致し方ないのですが、適当に拡張子を決めてそれようの設定を作っても欲はないだろうか?
 書いている途中での一定間隔の保存(設定)とか、できがったデータのHTML出力(マクロか、正規表現置き換え)などもでるから便利なんですが、はじめて使う人には敷居が高い。
 カスタマイズのパターンが大量すぎて、テンプレートとする設定がデフォルトにはないのが残念。

・アウトラインプロセッサ
 自分で要素を追加していくタイプではなく、自分で好きな文字を記号として普通のテキストに書くだけってのが便利だと思う。

・縦書き
 縦書きもできるのだけれど、自分の場合、読むときはいいけど、書くときはどうにも違和感がある。
 IMEのせいなのですが、横書きの時はなれたけど、縦書きはちょっと気持ち悪い。
 ATOKの月300円のサービスに入った方がよいかも。

・現在行の背景色を変えられる
 強調表示の設定で変えることができます。
 もともとプログラム用の機能なのだろうけれど、FullHDとか広い画面では非常に便利。
 視線が迷子になっちゃう人に(笑)
 あとは、私は嫌いですが、1行ごとに色を変えたり、全行に補助線を引いたりできます。

・段組機能
 ワードっぽい機能ですが、1画面で2段落とか出せる。
 段落のイメージとしては、新聞みたいな感じ?

・1行の文字数、行間スペース、1ページの設定
 こっちは紙媒体を仕事にする人とか、懸賞がかかった大会に出品する一用かな?
 印刷はあまり強くないけど、パブリッシャーってのを別途いれると、印刷も少しはましになります。
 でも、印刷はWORDかO's Editor2とかの方が強いと思います。

■アウトラインの設定
http://animehack.jp/story/hidemaru.html
 
■秀丸エディタをカスタマイズして小説を書きやすくしよう
http://www42.atwiki.jp/mabinogi-gentei/pages/171.html

一番の難点は4200円という値段か。
個人的には、機能に対して、この値段は安いと思うけどね。
MIFESなんて、15Kとかするし。
買う前に、3ヶ月無料で使えるので、試してみることをおすすめします。
続きを読む
posted by w033 at 08:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

DtoD領域込みで、でかいハードディスクに換装

当たり前ですが、以下の記事は自己責任です。
メーカーもサポートをしてくれなくなる可能性があります。

では、前置き。
メモリを大量に積んだら、Win7だとUltimateでしか使えないし、Ultimateは使う人が少ないためなのか、なんとも安定してくれない。
どうせ、そんなにメモリをつんでいても自己満足以外には使わないので、売り払って新しくノートPCを買ってみたり。
買ったときも安かったけど、売ったときも安かったなぁ。
そしてまた、安いノートPCなんぞ買ってみる。
メーカーはAcerで、安いのに安定するメーカーだと思う。
でも、oberon(つづりが間違っているかも)とかってメーカーのゲームだかなんだかのごみソフトが大量に入っているのがたまに傷。
メモリは買ったときにアップしてあったけど、HDD(ハードディスクドライブ)は320GBと小さいので、最近出た2.5インチHDD、SAMSUN製の9.5mmで容量1TBのものに取り替えます(速くないけど静かです)。
でも、AcerはDtoD形式のバックアップ。
起動してすぐに、DVDでバックアップを取れって言われます。
でも、このDVDでバックアップを戻すと、DtoD領域は消えてしまいます。
DtoD領域が消えると、SofmapではOSなしとして扱われます。
じゃんぱらとかは、DVDをつければOKかも知れないですが(NetwalkerはリカバリSDカードでよかった)
というわけで、DVDからのリカバリは却下。
今回の目的は「DtoD領域込みで、でかいハードディスクにデータを移す」、かつ無料!(ハードは持っていないと無料じゃないです)
レノボの80GBくらいしかないノートパソコンを買ったときなどに、使う常套手段です。

やっとで、本題。
[使うもの]

1)EaseUS Todo Backup
http://www.easeus.com/download.htm

2)EASEUS Partition Master
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/hardcust/defrag/easeuspart.html

※今回はつかいませんが、こんなのもあります。
EaseUS Todo Backup
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/file/syncbackup/easeustodobu.html

3)2.5インチ HDD と ハードディスクケース(さすがに、これらは有料
http://kakaku.com/specsearch/0539/
http://kakaku.com/pc/hdd-25inch/

4)DVD-R、CD-R、USBメモリーか、SDカードなど(+リーダ。ノートならSDカードリーダがついているかも)(たぶん128MBで足ります。私は512MB以下がなかったので試してません)
5)若干の英語力
6)壊れてもあきらめられる鋼の心

[注意]
ノートパソコンのHDDは普通2.5インチ、9.5mmです。何に使うつもりなのか12.5mmなんて商品があるので注意。カバーがしまりません。買うときに店員にいえば教えてくれます。
接続形状は最近はSATA(S-ATA)ばかりです。Core2Duoくらいの世代ならたぶんSATAですが、古いノートだとIDE系もありえます。不安な人は先にハードディスクを取り出して、接続部分を携帯電話で撮っておいて、お店の人に聞けばよいかと。さらに不安だったら、HDDをもってお店に行けばよいかと。
私ならバルク品(ケースなしのHDD)を買います。ケースがないだけだし。秋葉原の電気街のちょい置くにはいったあたりのお店でも買えるけど、通販が簡単。
ハードディスクの取り出しは、大抵はノートPCを裏返してあげると、ネジをはずすとカバーの一部が取れるようになっています。
バッテリー部分、メモリとHDD部分、物によってはCPUとか、拡張モジュールをさせるようになっているかも。
施錠のマークがついているのは、大抵バッテリー。
一番大きなパーツが、大抵メモリやHDDです。
ハードディスクケースは何でもよいです。つうか、本体に2台HDDをつなげられればケースも不要です。USB2.0接続なら1000円でおつりがきます。。。が、最安のものは避けたほうがよいかも。私は何台かハードディスクを壊してます。なんとなく、最近は玄人志向というメーカーがケースは安定するような。OSを起動できるインターフェイスのものを買いましょう。最近はUSBなら大体起動可能。BIOSの設定で調べましょう。
BIOSはメーカーによって違う(共通化してほしいなぁ)けど、こんな感じ。
http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~inex/y2002/1206/bios.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413028154
ケースにも注意点がありまして、最近は10V対応のケースが出ています。ケースに接続する側は1個口、PCに接続する側は2個口のUSBになっています。大抵のハードディスクは1個だけしかつなげてはいけません! 面白がってつないだり、説明書を読まずにつなげると、ショートするのか、ハードディスクが壊れます。安物のケースだけなのか、運が悪いだけなのか。説明書を読んでないから知らないけど<ぉぃ

続きを読む
posted by w033 at 09:37| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

VMWareでクライアントにコピーができなくなった

大したことじゃないけど、VMWareのクライアントOSがLinuxだといろんなアップデートをかけるとときどきvmware-tools動かなくなっているときがある。
ホストOSからクライアントOSへのファイルコピーなどができなくなっていて気がつく程度のものだけれど。
丹念に調べれば、起動しなくなった理由は見つかるのだけれど、面倒なんで簡単に再インストールで対応します。

とりあえず、vmware-toolsが動いているかの確認。
「ps -ef | grep vm」とかで確認できます。
------------------------------------------------------------------------------------
user@ubuntu:~$ ps -ef | grep vm
root 546 2 0 19:17 ? 00:00:00 [vmmemctl]
root 1258 1 0 19:17 ? 00:00:05 /usr/sbin/vmtoolsd
user 1345 1 0 19:17 ? 00:00:16 /usr/lib/vmware-tools/bin32/vmware-user-loader --blockFd 3
root 1657 1 0 19:17 ? 00:00:00 tpvmlpd
user 3086 3028 0 20:54 pts/0 00:00:00 grep --color=auto vm
------------------------------------------------------------------------------------
vmtoolsd、vmware-toolsがいれば、きっと生きてます。
まあ、ときどきゾンビになって、プロセスが生きているだけって時がありますが、その時は「 kill -HUP vmtoolsd」とかで治るんじゃないかなと。
だめなら「kill -9 プロセスID(上のps結果で言うと1258など)」あたりでプロセスを仕留めてから再インストールかと。

再インストールはクライアントOSを起動後、VMWareのメニューから次のように選びます。
[VM]-[VMware Toolsの再インストール]
すると、CDがマウントされて、ファイルマネージャが開かれるので、デスクトップにフォルダごとコピーして、[アプリケーション]から[端末]を起動。
「sudo su -」でrootユーザになります。
cdコマンドでコピーしたフォルダに移動したら、installファイルを実行します。
ファイルのダブルクリックでもできるのかもしれないけれど、怖いのでやったことはないです。
posted by w033 at 21:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

ソースコード HTML化 コンバーター「唐辛子」

便利だ、これ。
いつのまにか、生成時にCSSを使わず、直接記載するなんて機能が付いているし。
ん? 前からだっけ?
とりあえず、HTMLでプログラムソースをアップするときに便利。
なにより、インストールしなくていいのが最高!
C#はないけど、Javaモードで問題無。

ぜひとも、クリアボタンをつけてほしい!
まあ、ブラウザの更新ボタンを押せばいいのだけど。
デフォの色もちょっと変えたいな。。。
posted by w033 at 23:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

無線LANをGPSの代わりにする

いまさらだけど、Windows7の新機能、Sensor and Location。
これを使うと、無線LANなどから、自分の位置情報が取れるらしい。
へえぇ、通信事業者に自分の位置がもろばれってことなんだろうか?
でもって、その機能をうまく使うと、こんなことができるらしい。

GPSを内蔵しないPCでも位置情報機能を用いたソフトを利用可能に「Geosense」
http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20100304_352629.html

Windows 7の Sensor and Location プラットフォームを C#で使う
http://japan.internet.com/developer/20100622/26.html

関係ないけど、GPSはCOMやUSBの外付けとか、Bluethoothタイプのものがあります。
「内蔵しないPCでも」って、おかしいよね?
posted by w033 at 23:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

Direct3Dが動く仮想環境〜Win7でXPゲーム環境〜

※はじめに※
Win7でなくても、XPモードでなくてもOK(VistaとかServerとか)だし、Ultimedエディションとかじゃないなら、別途XPを買うなり、昔のPCに入っているライセンスを使うなりもできます。

さて、本題。
いままでゲームと開発の環境にはMSのVirtualPCを使っていたのだけれど、
VirtualPCはいまいち使えない。
無線LANやモデムあたりをゲートウェイにインターネットに出したくても、
機器の相性なのかどうしても外にいってくれないことがあったり、
そのくせ有線だとなにも設定しなくても、それができたりと私ではうまく扱えない
ことが多かった。
USBもサポートしてくれないので、コントローラも使えない。
そしてなにより、Direct3Dをサポートしてくれない。
たまに、エロゲでも効果でDirect3Dを使っていたりすると、
ゲームが動かなくて困っていた。
Win7のXPモードなら、いけるのか?!
とか思ったけれど、実体はVirtualPCならしく、いままでとなんにも変わらない。
ということで、どうにかならないかと調べてみたら、なんとも簡単に見つかった。
しかも、日本語をサポート。

窓の杜>仮想マシン
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/hardcust/virtualpc/

SunのVirtualBoxは以前も試したけれど、うちのPCだとなにか居心地が
悪いらしく、ゲストOSが時々機嫌を損ねて動いてくれなくなってしまうのでNG。
VMware Workstationは高すぎなので、無視! とかおもっていたら、
VMware Player という無料(要登録)の仮想マシンがあることを知ってみたり。
しかも、Win7(の上位エディション)だとXPのライセンスも不要らしい。
いまのところ、うちでも特に期限を損ねたりせず、活発に動いてくれています。
それにDirect3Dを使っているエロゲがちゃんと動く!www
やっとで「そらふね」とかが使えるよ。
VirtualPCと同じ(たぶん、VirtualBoxはそれができない。たぶん)で、
ちゃんと設定するとフル画面モードで動いてくれるし、
ご丁寧にアスペクト比は固定にしてくれるので、すばらしいゲーム環境です。
ちなみに、ネットワーク環境ももっさりと動いてくれます。
そのうち、Linuxもいれてみねば!
他仮想環境のディスクもインポートできるので、Windows2008もこちらに
移そうかと思っています。

いや〜、XPモードよりすごいとサイトで歌っているだけありますよ。
ただね、登録とログインがめんどい。
なので、参考サイトも一緒にあげておきます。
まあ、じっくり英語を読めばどうにかはなりましたが、時間の無駄でした。
一点だけ、自分の情報を登録して、agreeすると、新規登録とログイン画面が
縦に並んでいる画面に飛ばされます。
そこで、メールを待っていても、無意味です。
下のメールアドレスとパスワードを入力する画面がありますので、
そこで好きなパスワードを入力して、ログインしましょう。
登録直後にメールが来て、そこにパスワードが書いていると思わせぶりな
くせに、そうじゃない。そこでパスワードを入力して、ログインすると
やっと登録完了ですから。
やられた。。。orz <メッセージ読み飛ばした人。

VMware Player 3
http://downloads.vmware.com/jp/d/info/desktop_downloads/vmware_player/3_0

Windows7のXPモードで3Dゲーム
http://ppup.dip.jp/wordpress/archives/437

最後に、当たり前ですが、ディスクの容量は馬鹿食いします。
なんせ中にもうひとつOSと環境をいれるのですから。
XPモードだけで、30GBとか書いてますので、空きがある人だけ
お試しあれ。

最後の最後に、私はWirkstation版を動かしてます。Playerとどこか違う・・・かもです。

続きを読む
posted by w033 at 16:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

Windows7 エクスプローラのメニュー、フォルダオプションはどこ?

OSをWin7にしてみた。
Vistaもそうなんだけど、デフォルトでメニューが非表示ってどういうこと?
使いにくくてしょうがない。
勘弁してほしい。

Win7、Vistaあたりを触るたびにさがすので、備忘録代わりに記載しておきます。

Windows7 エクスプローラのメニュー、フォルダオプションはどこ?
http://web.mt-systems.jp/archives/380
posted by w033 at 21:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

Office 2007で256倍作業効率を上げる方法・・・とか言ってみたり。

こんなソフトがほしかった!
心から思いました。
素晴らしい。

ここしばらく会社でも、家でもOffice2007環境だった。
Office2007はリボンというUIになっており、メニューが
なくなってしまい、いままでの機能がうまく探せなくなった。
開発メニューとか、ウィンドーの固定とか、いままで
覚えていた知識がま〜ったく役に立たない(泣)
どうしようもなくて、VBAから設定しちゃったこともあるよ。

・・・で!
天からの助けが!!

Office 2007 オールドスタイル メニュー アドイン
http://members.at.infoseek.co.jp/dr_admk/o2007oldui/

続きを読む
posted by w033 at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

知らなかったよ、こんなWindows操作

知らなかったよ、こんなWindows操作

お願いランキングを見ていて、知っていると自慢できるWindows操作なんてものがやっていた。
どうせコピペのショートカットだろ、とかおもっていたら違ったね。
本当に知らなかったよw
ちなみに、WindowsじゃなくてWordの操作みたいだけど。

■行と関係ない文字選択
Alt+マウスドラック

■フォントの拡大/縮小ショートカット
Ctrl+[
Ctrl+]

行と関係ない文字選択は、秀丸でもできた。
結構、いろいろなエディタでできるのでは?

posted by w033 at 01:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

CD/DVDがないPCにXPをインストール

最近のノートPC(最近はネットPCとか呼ばれているちっちゃいの)はCD/DVDドライブがないので、OSの入れ替えが簡単にできない・・・とか思っていたら、USBメモリとかSDカードをBootableにしてやると、CDと同じ感じでインストールできる。
で、どうやってBootableにするかというと、調べるといろいろ出てくるけれど、次のソフトがめっちゃくちゃ簡単。

WinToFlash
http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20090901_312154.html

続きを読む
posted by w033 at 00:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows VISTAの容量

HP2133を先日買ったが、いつの間にかハードディスクが残り60GBとちょっと。
大したデータは入っていないのだけれど・・・
調べてみると、OSだけのまっさらの状態で80GB近い。
なんだこれ。
HP2133のディスクって160GBのはずなので、VISTAのバックアップまで含めると100GB?
アホみたいに重いのもそれが原因だろうか?
ためしに、XPにしてみたら、サクサクうごくし、ドライバもちゃんとそろっているし、OSに占拠される容量も7GB弱。
素晴らしい。
まあ、そうだよね。
昔は2GBのディスクにOSも、アプリも、データも入っていたんだし。

HP 2133 のドライバ
http://h50222.www5.hp.com/support/FH486PA/drivers/

Linux用のドライバもあるんだね。

続きを読む
posted by w033 at 00:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

Windows2008 パスワードポリシーの難解化をやめたい

Virtual PC 2007であそびながら、Windows2008なんぞに手をだしてみたり。
一番手間取ったのは、初めのログイン(苦笑)
インストールはドライブ選ぶだけで終わったのですが、Coreだけいれてみたら、パスワード設定すらなしの状態で、ログイン画面。
どうしろってさ。。。
試行錯誤してみて、administratorのパスワードなしでログイン。
すると、パスワード変更画面に変わることがわかったのだけれど、
なんかあんたのパスワードがだめだめ、的なメッセーがでる。
「的なメッセージ」というのは、OSが英語版なため、何んとなくしか
わからないのでした。
まあ、それでもじっくりメッセージを見てみると、新たに指定した
パスワードがだめっぽく。
あー、これは2003であった簡単なパスワード禁止機能かと思って、
大文字と小文字、それに@を組み合せて指定してみたらビンゴ。
ようやくログインできたのですが、このままだと不便なので、
この二つに対策してみる。

■インターフェイスの日本語化
完璧ではないけれど、言語パックをいれると簡単に日本語化できる。
言語パックはこちら。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=e9f6f200-cfaf-4516-8e96-e4d4750397ff&DisplayLang=ja
※必要なのは、x86のLP1か、amd64のLP1のimgだけ。
おとしたら、DVDにやくなり、daemonとかで中にあるlanguare→ja-jp
フォルダを取り出す。
後は、
コントロールパネル→地域と言語→キーボードと言語
画面真ん中あたりにインストールボタンがあるので、
それをおして、取り出しておいたja-jpフォルダを指定するだけ。

詳しくは、このあたりを参照。
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1090langpk/langpk.html


■パスワードポリシーの難解化解除
グループポリシーを起動して、
Computer Configuration → Windows Settings → Security Settings → Account Policies → Password Policy
とツリーを下がっていって、有効を無効に変えると、簡単なパスワードがいつもどおりに使えます。
グループポリシーの軌道は、「Winキー+R」で名前を指定して起動
をひらき、「gpedit.msc」を指定するだけです。


詳しくは、このあたりを参照。http://www.devslife.com/2008/07/14/windows-server-2008-%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%BC/
続きを読む
posted by w033 at 12:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Virtual PC 2007

Macの時に、ちょこっとつかったPC仮想ソフトですが、
Windowsにいれると、すっごく便利だなぁ。

最近(といっても、半年くらい前だけど)ちょっとだけ
ハイスペックなPCを買った時、部屋が狭くなったので古い
PCを処分したまではよかったのですが、このPCってVistaしか
ドライバを公開してなくて…(泣)
Vistaではエロゲが動きません。
エロゲをする環境を整えるために、今はVirtual PCにXPを
いれて使ってます。

うちは、4コアのCPUですが、昔のように重くて使い物にならん、
なんて事態もなく、もっさり感もほとんどない。
おまけにゲームのせいでOSが変になっても、ファイルをさしかえれば
特に困ることもなく、とっても便利です。

さらに、最近はプログラムの開発環境もVirtual PCで運用してます。
それこそ、インストールしてすぐの状態をファイルで保存しておくと、
その状態まですぐに戻りますので。

Virtual PC 2007
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/hardcust/virtualpc/

Virtual PCはインストールすれば、すぐに使えます。
ネットワークを使う場合は、有線のローカルエリアネットワークの
アイコンの設定を使っているなら、なにも設定なしでいけます。
そうでないときは、ネットワーク接続の共有を許可すると、
ネットワークの選択ができるようになるはず。
うちはドライバがアホなのか、Wi-Fiで共有を許可しようとすると
こけるので、あきらめて有線でつかています。

後は、ゲストOSがWindowsなら、Virtual PCのメニューから、
操作→バーチャルマシン追加機能のインストール
を選ぶと、1024×768以上の解像度にできます。
もう、手放せません。
posted by w033 at 12:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

Windows Server 2008用のドライバ

DELLのGX520に入れたのだけれど、ドライバがなくて困った。
どうしようもないので、あるものを入れてみた。
DELLにあったのは、Windows2000とXP。
とりあえず、ちょっとだけ新しいXPのファイルを使ってみる。
・・・はいったよ。
ちゃんと動くよ。
音も出るし、画面も大画面で表示可能。

あんなに探したあとに感じた無力感と絶望感は、いったいどこへ・・・orz。
posted by w033 at 06:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

生きる2

ひさびさにフリーのRPGをやってみたり。
システムはなかなかおもしろかった。
ただし、容量がちとでかいね。
音声と音楽(ボーカル入り、ラップ系のものもあったり)で
どれくらいの容量を使ったのか・・・

10時間かそこらでクリアできる物だったのもあって、珍しく最後までクリア。
行かなくてもいいダンジョンもクリアしてみたり。
さすがに2週目(2週目のみのイベントもあるらしいけど)はやりませんでしたが。
なかなか楽しい時間でした。


ネタバレの個人的な感想としては...

・演出がくどい
 全体的なストーリーは悪くない。
 ありふれたという意味では平凡だったけれど、大きく道を踏み外すところもなく、
 まずまずキレイにまとまっているかなと。
 主人公が行動に出るまでの初期動機が、ドラクエTと同じ(王様が「おめぇ、勇者できまり」って言ったから)程度だったけれど。
 そこだけ見逃せば、まずまずだったと思う。
 いや、他にも、気になるところってのは、ありはするんですがね。
 殺人部族の話では策略を練っているのに、主人公の時は民をつかった罠は無かったなぁとか。
 貴族側の出方がヘボすぎというか、もうちょっとネタを練ってもいいのでは?
 閑話休題。
 タイトルからもわかるように、主題は「生きる」ということらしい。
 小説見たいのでも同じなのだけれど、物語のうえで作者(シナリオさん)の書きたいことに、
 他人はまったく興味なんて無いんだよね。
 それなのに、そこにだけこだわりすぎて流れがおかしくなってしまったり、
 強調しすぎて「あー、はいはい、わかったからさ」なんて気分になってしまう。
 このゲームでは声の部分かな。
 いらないだろ、それ。
 せめて、戦闘シーンのはじめくらいだけに絞ってくれれば、気にもならないのに。

・声がいらない
 演出〜で書いたけれど、声がマイナス点だった。
 特に台詞部分で、ときどきいきなり1文だけ音声が出る。
 操作している方は「ん?」となってしまう。
 注意は引けるけれど、雰囲気はぶちこわしだったなぁ。
 声優のせいなのか、機材が悪いのか、へんなところもあったし。
#関係ないけど、機材ってどれくらいそろえたんだろう?
#買うとすごいよね・・・

・絵が...
 なんというか、特徴的な絵で。
 背景がうまいだけに、なんか浮いて見えてしまう。
 それでも慣れると味があるのだけれど、どう見ても同じ世界の人間じゃないだろう? って絵があるのは
 いかがなものかなと。
 まあ、最後はさっぱり気にならなかったですが。

・処理が重い
 うちの環境のせいかも・・・AMDの3200+とリネージュオススメビデオカード(名前忘れ 256MB)じゃだめでつかね。
 メモリも1GBじゃすでに少ない時代なのでしょうか。
 FFのベンチマークも普通に動くくらいのスペックなんですが。
 裏でディスク保存しながらだと、主人公が街の中を動くたびに画面に描写落ちが見えてしまう。
 Bitbltするとき、ちゃんとダブルバッファリングしてる? 垂直帰線の動機を待ってる?
 とか思いつつ、最近のDirectXはそんなの気にしないのかな?
 というか、RPGツクールだから、ASCIIのせいな気もするけど。
 やっぱり、うちの環境のせいですかね!?
 ラスボスなんて、もう強いわ、死なないわ、特殊攻撃がきつい。
 その上、いらない特殊効果(おそらく、Direct3Dを使って炎色透明色なんかの炎)でものすごい爆発をばんばん使ってくる。
 この攻撃の時「あれ? とまったかな?」なんて思ってしまうほどに重い。
 これも、いらない演出な気がする。

・システム
 システムは悪くなかったと思う。
 特殊能力系はアクセサリにして、防具は普通に店に売っている。
 武器は幻想水滸伝みたいに強化していく方式。
 ただし、鍛冶事態には金はかからず、材料を探してこなくてはならない。
 苦労したし、最強まで強くできなかったけれど、悪くなかったと思う。

こんなところかな。
まあ、もちろん、こんなの言うがやすし。行なうは難し。
作った人たちはずいぶんと苦労したのだろうけれど<わかってるなら悪口書くなw
暇ならやってみても悪くないで気だと思われ。

生きる2
http://www.vector.co.jp/games/review/1253/1253.html
続きを読む
posted by w033 at 16:42| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

私は秀丸派

今日もエディタのネタ。
タイトル通り、私は秀丸の信者です。
自分がカスタマイズした秀丸がないと仕事にならない、ということはないけど効率が3割は落ちます。
手になじむ物を探すのではなく、適当にこれだというものを探して徹底的に手になじませる。
これがエディタ使いへの道でしょう。
ショートカットくらいは覚えておくと便利です。
マウスでメニューから「上書き保存」なんて選んでいるようではエディタの良さはわからないでしょう。
あと、慣れないうちはショートカットはデフォルトで使いましょう。
Windowsライクなショートカットなはずですので、他のアプリケーション(IEだのOfficeだの)でも使える物が多いです。
逆に、これらを押さえていないエディタは、使えないか、かなりマニアックなものがほとんどです。


■代表的なWindows系ショートカット

Ctrl+S
ファイルを保存・または上書き保存

Ctrl+R または Ctrl+H
文字列の置き換えダイアログ表示

Ctrl+F
文字列検索ダイアログ表示

Ctrl+G または Ctrl+J
行を指定して移動

Shift+← または Shift+→ または Shift+↓ または Shift+↑
現在の位置から、カーソルを移動してもとの位置からその位置まで選択する

Ctrl+C
選択している文字列をコピー

Ctrl+X
選択している文字列を切り取りながらコピー

Ctrl+V
コピーしたものを貼り付け

Ctrl+Home
エディタの先頭へ

Ctrl+End
エディタの最後尾へ

Home
行の先頭へ

End
行の最後尾へ

Alt+F4
ウィンドーを閉じる

Ctrl+F4
MDIのなかのウィンドーを閉じる

Win+D
現在開いているウィンドーを非表示/表示

Alt+← または Alt+→
前に戻る 次へ進む

PrintScreen
現在表示している画面を、画像としてクリップボードへコピー

Alt+PrintScreen
現在表示しているウィンドーを、画像としてクリップボードへコピー

Tab
コントロールを移動

Alt
メニューにアクセス

メニューに ファイル(F) と書いている場合に、Alt+F
ファイルにアクセス

F2 (Excel/ロータス1.2.3)
現在のセルを編集


■ものかきに便利なエディタ

★縦書き系
O's Editor2
http://ospage.jp/soft/oseditor2/oseditor2.html

MM エディタ
http://www.am-corp2.com/

★アウトライン系
AUTLA
http://www.autla.com/side-a/component/option,com_frontpage/Itemid,1/

Story Editor
http://www.lares.dti.ne.jp/~cheebow/indexm.html

FitzNOTE
http://hp.vector.co.jp/authors/VA009019/

Nami2000
http://www.geocities.jp/my_ultraseven/mozart/_start.htm



■プログラムに便利なエディタ

秀丸
http://hide.maruo.co.jp/

サクラエディタ
http://sakura_editor.at.infoseek.co.jp/

Peggy
http://www.anchorsystems.co.jp/anchor/ashp/peggy/pegindex.html

NoEditor / UnEditor
http://www.yokkasoft.net/



■その他
http://www2.famille.ne.jp/~akio1998/l_edit.html
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/writing/edit/
http://www.forest.impress.co.jp/lib/offc/document/txteditor/
posted by w033 at 00:42| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

最近のWindwosデスクトップ

最近は、Zuneのデスクトップに子犬の壁紙を使っていたりします。
ビジュアルスタイルと画像がマッチしてなかなかお気に入り。

Zuneのビジュアルスタイル
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/11/06/zunedktptheme.html

子 犬の画像 2(右上のミニチュアダックス)
http://www.labret.jp/wimage/index.htm
posted by w033 at 01:34| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

Foxit Reader 2.0 の日本語化

ちょっと前に2.0がでて、窓の森でも記事になっていたFoxit Reader。
前回のバージョン同様、やっぱり起動と表示、それにページ遷移なんかが
めちゃくちゃ早いです。
前のバージョンでは図表を持つPDFを中心に、いくつかのパターンで表示が
うまくいかないことがありましたが、今回はどうなのでしょう?
少なくとも、手元のものはうまく表示するようになりました。
クセロPDFで新たに作ったものも、無事に表示。
ついでに、ちょっとした編集もできるようになったらしいです。
すばらしい。

Acrobatの意味不明な機能(8.0になったらさらに不要な機能がつくらしい)や、
膨大なプラグインのロード時間、起動を早くするために滅多に使わないアプリに
メモリを食われたり、常駐時のお邪魔機能や、アップデート時の
システム再起動・・・勘弁してほしい。
しかも、うちのWindows2000 Serverに入れたら、常駐Acrobat7.0がシステム
終了のたびに落ちれなくて、毎回Process Terminateって・・・

シンプルな機能。軽い起動。軽快な動作。
Acrobatが何一つ持っていなかった利点をFoxit Readerが持っています。
印刷するときは厳密な方がいいけど、Webなんかで内容を読むだけなら
私はFoxit Readerがいいなぁ。
こうして、Acrobatはハードディスクの肥やしになっていく・・・

ちなみに、2.0からマルチランゲージをサポートしています。
前回みたいに別途ファイルを入れる必要はありません。
インストールは英語ですが、インストール後に起動したら、
メニューから「language(スペルあってるかな? 言語の英語)」を選び、
Japaneseを選ぶだけ。
すると、ダウンロード画面が出てくるから、ダウンロードってボタンを
押して、ダウンロードが終了したらDoneってボタンを押せばOK.
簡単です。
これで、自動アップデートがついてくれれば完璧なのになぁ。


Foxit Reader 2.0 for Windows
http://www.foxitsoftware.com/

窓の森
http://www.forest.impress.co.jp/lib/offc/document/pdf/foxitreader.html

クセロPDF
http://xelo.jp/xelopdf/xelopdf/index.html

続きを読む
posted by w033 at 22:40| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

SQL Prompt

下のリンクをみて、表示されるGIFをみれば、
どんなソフトか一目瞭然なのだけれど...
まあ、sqlserverについていたosqlがテキストエディタから
実行できるねってもの。
エディタ部分がsqlserverに最適化されていて、
インテリセンス(VB6の入力補助みたいの。名前は違うかも)など、
SQLが効率的に入力できる。

SQL Prompt
http://www.red-gate.com/products/SQL_Prompt/index.htm

posted by w033 at 23:21| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

Windows上でLinux

ほら、ほとんどの作業ってLinuxでやるでしょ?
とかいいながら、Windows上でlinuxを動かしている人、
それはほとんどの作業はWindowsでやって、
Linuxで目的を達しているのでは?
と、こころのなかでつぶやいてみる。



VMware GSX Server
http://www.vmware.com/jp/

Cygwin
http://cygwin.com/

coLinux
http://www.colinux.org/
http://scratchpad.fc2web.com/colinux/
posted by w033 at 00:08| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする